5万字超!断食ノウハウを全網羅した「最強の教科書」はこちらをクリック。

【動画】17歳クリエイターゆぴさんを3日間断食サポートしました。

こんにちは。中村ひろきです。

鍼灸師であるぼくの本業は、鍼を打つことではなく、なぜか「断食を教えること」になってます(笑)

というわけで、先日17歳クリエイターのゆぴさんの断食サポートを行いました。

「オギャアと生まれた瞬間から鼻声だった」と語る彼女は、初回の3日間断食をどう過ごしたのでしょうか?

 

百聞は一見にしかず。

これ、ぼくがツラツラと文章で説明するよりも、ゆぴさんの動画観たほうが100倍早いです!かわいいし!

こちらが断食を実践する前の動画。

事前に断食の教科書をしっかり読み込んでくれたようで、断食全体の要点が超絶わかりやすくまとまっています。

10分くらいで断食の全体像がわかるので、ぜひご覧ください。

 

断食は治るのではなく戻るだけ

上の動画をご覧になった方は、

「肩こりも冷え性も風邪も治るだと?怪しい〜〜〜!!」

と思いでしょう。

しかしよく考えてほしいのですが、生物として正しく生きていれば、肩こりも冷え性も風邪もないほうがフツーなんですね。

異常な生活にも気付かず、長年悩まされている症状さえも「もはや体の一部」と思っているとすれば、それこそ異常だと気付かなければいけません。

 

そして最近ありありと実感するのですが、その異常な生活の大部分は「食生活」にあるようです。

食生活を改善してわずか2〜3日で変化する人が続出するということは、犯人が食生活にある何よりの証拠でしょう。

つまり、断食でいろんな症状が改善するのは、治ったというより「フツーの状態に戻った」のほうが正しいのです。

 

ゆぴさんの実践動画続き


実際にゆぴさんが断食されたレビュー動画が完成しました!

鼻炎は改善されなかった代わりに、今回は「目覚めの良さ」を実感したと語っています。

目覚めの良さは断食実践者の9割の方が実感する効果。胃に消化すべき食物がないために、睡眠中に胃腸の仕事が少なくなるというわけですね。

逆に寝る直前まで食事をしているような人は、かなり目覚めが悪い状態だと思いますので、より良質な目覚ましアプリを探すのではなく、寝る4時間前に最後の食事を終える生活に変えて違いを観察してみてください。

なにはともあれ、ゆぴさんほど断食中を苦しまずに過ごす人はとても少なく、割合でいえば30人に1人くらいの逸材だったな、という感じです。

断食中にどんな経過をたどってどんな効果が出るかは千差万別なので、気になる方はぜひ安全に実践されてみてはいかがでしょうか?

LINE@に登録していただいた方とは、ときどき1:1トークを楽しんでいます。

断食の教科書をみてもわからないことがありましたら、ぜひご質問くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です