名古屋伏見のベジカフェ『MOLNODA』は断食明けにベストの優良店だった

SHARE

名古屋伏見のベジカフェ『MOLNODA』は断食明けにベストの優良店だった

こんにちは。中村ひろきです。

こないだ人生初の7日間断食を終えたのですが、とにかく断食中何度も考えたのはコレ!

中村ひろき

外食してぇぇぇえええ!!!!

 

やっと断食が終わっても、すぐに肉や魚を食べるのはNGなので、カラダに優しい野菜や豆類などの回復食から始めなければいけません。

そこで!野菜や豆類がしっかりと食べられるお店を探してたどり着いたお店がここ。

伏見駅徒歩3分の偏愛グルメカフェ「MOLNODA(モルノダ)」です。

入店後のシステムがやや複雑なので、初めて行く人が迷わないように手順を徹底解説します!

多すぎるメニューや店内の雰囲気もお伝えしますので、どうぞ参考にしてください。

モルノダの公式サイトはこちらです。

 

名古屋のベジカフェ「MOLNODA」はどんな店?

伏見駅と丸の内駅の中間にある「MOLNODA」は、タイトル通り野菜をたっぷり採れるベジカフェ。

しかも23時まで営業しているので、重たい夜食が心配な方にもオススメです。ちなみにWi-Fiは無し。

最初はぼくも「わざわざ外食で野菜オンリーって味気ないな・・・。」と思いました。

でも、ガッツリ肉を食べられるメニューもあるおかげで、満腹感と充実感に包まれて超幸せになります。

 

ランチサービスはなく、どの時間も食べられるメニューは同じ。

アルコールやソフトドリンクもあるので、BARやCAFEのように使うこともできます。

ちなみに、アイスコーヒーはあるのに何故かホットコーヒーはありませんでした(笑)

 

名古屋のベジカフェ「MOLNODA」の入店システム

初めて来店するとチョット迷うMOLNODAの入店システム。

ざっくり説明するとこんなカンジです。

  1. 席を確保する
  2. 食券を買う
  3. 番号が呼ばれるのを待つ
  4. オーダーを受け取る
  5. 返却する

ぼくが失敗してしっかり恥をかいてきたので、ここで正しい手順を解説します。

 

1.席を確保する

お店に入ると、今までの飲食店で味わったことのない異様な雰囲気に包まれます(笑)

券売機やスタッフさんが目に入るから戸惑いますが、完全スルーして店内を奥まで突き進んでください。

 

奥はこんなオシャレ空間が広がっているので、荷物を置いて席を確保してください。

2〜4人がけの席しかないので、5人以上での来店は不向きです。

ここで注目!最重要ポイントがあります。

席を確保したら、券売機へダッシュする前に、席にあるメニュー表で何を頼むか決めましょう。

メニューの種類が多すぎるため、決めずに券売機に行くとメッチャ焦ります。注意。

(メニュー詳細は後述)

 

2.食券を買う

席で何を頼むか決めたら、メニュー番号を念仏のように唱えながら券売機へゴー。

タッチパネル式の券売機で、その番号を選択&発券してください。

似たようなメニューが多いので、絵を見てもわかりづらいので注意です。

 

3.番号が呼ばれるのを待つ

食券をスタッフさんに手渡したら、席へ戻って待ちます。

上図の赤矢印にあるモニターに番号が表示されるまで、セルフの水を飲みながら待ちましょう。

番号表示される際にチャイムが鳴りますが、正直わかりにくいので、どうしてもモニターを凝視してしまいます。

 

4.オーダーした料理を受け取る

モニターに番号が表示されたら、颯爽とカウンターへ向かいましょう。

スタッフさんから料理を受け取ります。

ドレッシングは上図の赤矢印のところで全種類かけ放題できるので、味の変化を楽しむことができます。

  • レモンソルト
  • 青じそ
  • シーザー
  • フレンチクリーム
  • シェリービネガー
  • バルサミコオリーブ

 

どれも手作り感満載で美味しいですが、ぼくは「シーザー」「バルサミコ」が好きです。

 

5.返却する

キレイに食べ終えたら、受け取った場所に返却して退店!これで完璧です。

長居しても気を遣わないお店なので、夜の平均滞在時間は60〜90分くらいでしょうか。

20〜30代の女性がほとんどで、みなさんゆっくりおしゃべりを楽しんでいる様子でした。

 

名古屋のベジカフェ「MOLNODA」のメニュー

めっちゃ多彩なメニューがあるのですが、大きく分けて5つのカテゴリがあります。

  1. ベジタリアンボウル(野菜のみ)
  2. トレーナーボウル(良質なタンパク質)
  3. フーディーズボウル(肉も糖質もガッツリ)
  4. ワーカーボウル(エネルギー補給丼)
  5. アピタイザーボウル(酒のつまみ)

 

また、メニューにある「190」「210」の表記は、ボウルの直径のこと。

ぼくはいつも「210」にしますが、男子でもなかなかお腹いっぱいになりますよ!

それでは、5つのカテゴリをサクッと紹介しましょう。

 

1.VEGETARIAN BOWL

断食明けの外食はこれでキマリですね。

こんな美味いサラダが食えるおかげで、断食もがんばれるってもんです。

ローストしたカシューナッツが香ばしくて満足感を得られるので、不思議なくらい物足りなさはありません。

見た目もカラフルなので、全カテゴリで最もインスタ映えしますよ!

 

2.TRAINER BOWL

アスリートが運動後にタンパク質補給するのにピッタリですね。

赤身肉や鶏肉など、低脂肪&高タンパクなメニューが豊富にそろってます。

ぼくは鶏ももをチョイスしましたが、めっちゃ柔らかくて美味いです。

 

3.FOODIE’S BOWL

コンセプトは「何にも縛られずに好きなものを食べる」だそうです(笑)

ライス付きのメニューもあり、肉・野菜・炭水化物を全て摂取できるご褒美グルメ。

男性とデートした際は、このカテゴリを勧めてあげるといいですね。

肉の種類も「牛もも」「牛ハラミ」など高脂肪種が豊富なので、満足度ナンバーワン間違い無し。

 

4.WORKER BOWL

やや「FOODIE’S BOWL」と似てますが、ざっくり言えば「MOLNODA式ステーキ丼」です。

最初にかけるドレッシングも、特製和風ステーキソースと固定されています。

また、このカテゴリの全メニューにライスがついているのでご注意ください。

 

5.APPETIZER BOWL

各種の肉や野菜スティックなどを単品オーダーできるのがこのカテゴリ。

しかし、ここでガッツリ飲むのは正直割に合わない気がしますね・・・。

なぜなら、このエリアは野菜や肉を主体としたバルがたくさんありますから。

オーダーするとすれば、メインメニューを食べ終わってもしばらく長居するときでしょうか。

ソフトドリンクは300円から、ツマミは490円から各種取り揃っています。

 

名古屋のベジカフェ「MOLNODA」のここが素晴らしい!

改めて、ぼくが「MOLNODA」を愛してる理由をまとめます!

  • 断食明けの「外食したい欲」を満たしてくれる。
  • 日常的な野菜不足をガッツリ解消してくれる。
  • 長居可能で読書やPCをするにも最適な場所。
  • ほぼ全てのメニューがテイクアウトできる。
  • ドレッシングのかけ放題システムが最高すぎる。
  • 放置気味のスタッフさんとの距離感が心地良い。

 

ちなみに、現時点でWi-Fiはありませんが、WiMAXの電波は問題なく使えました。

欲をいえば、なぜかメニューにないホットコーヒーが登場したら完璧だなぁ。

 

名古屋のベジカフェ「MOLNODA」のアクセス

  • 名古屋市中区錦2-12-5
  • 052-684-4727
  • 11:00-23:00
  • 定休日なし

僕の大好きなTHE CUPSというカフェの近くで、最近めっちゃ熱いエリアです。

地下鉄の場合は「伏見地下街E出口」または「丸の内駅5番出口」が最寄り。

車の場合は、近くのコインパーキングを利用ください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ぼくは年間200回くらい外食するので、野菜補給できるお店が増えるのはメッチャ嬉しいです。

特に断食後は、「お腹がすいた」よりも「外食がしたい」という感情が上回りますからね・・・。

というわけで、このブログでは引き続き断食明けに良さげなお店をレポートします!

そいではまたー!

▼断食関連の記事はこちらにまとめました。

【体験談】酵素ドリンクで3日間の断食を完遂!飲み方や注意点をまとめるよ。
1週間の酵素ドリンク断食で現れた効果と全記録まとめ
3日間おかゆ断食を終えた2週間後の体重変化と反省点まとめ
6ヶ月で4種類の3日間断食をしたので、5段階評価で採点しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です