LINE@登録で「超多忙な人のためのつくらないレシピ23」プレゼントしてます!

鼻炎が消えた奇跡の4日間から2年が経過。あれから鼻炎はどうなった?

こんにちは。中村ひろきです!

このブログで何度も触れていますが、ぼくが24年間苦しんだ鼻炎は、4日間の断食で消えました。

正確には、7日間断食の4日目で、鼻水がまったく出なくなったのですが。

その奇跡の4日間から、早いもので2年が経過。

「あれから鼻炎どうなったの?」

と聞かれることが多くなってきたので、今回は質問に答えたいと思います!

(鼻炎が消えた7日間断食の詳細はこちらの記事を参考にしてください。)

 

冬が嫌いすぎて沖縄に逃亡

その前に、ぼくのツラかった鼻炎歴をざっくりと挙げてみます。

小学2年生。はじめて鼻炎を自覚する。

高校まで耳鼻科に通うが1ミリも治らず。

21才。とくに鼻炎がツラい冬が嫌いすぎて沖縄移住。

沖縄は室内クーラーが効きすぎて結局治らず。

こんなカンジ。

寒さの他にも、ホコリやペットの毛で鼻水が止まらなくなる状態でした。

鼻炎のおかげでとにかく冬が嫌いだったので、旅先として寒い地域へ出向くことはありませんでした。

とにかく暖かい場所にしかいられなかったので、不健康だと生活可能エリアって制限されちゃうんだなぁと。

 

冬が大好きになって長野に別荘買う

断食で鼻炎が治ったあと、まるで生まれ変わったように、趣味嗜好が変わりました。

今まで苦手だった、長野や北海道などの寒い地域がだいすきに。このブログデザインも北欧をイメージしたものです。

見たくもなかった雪景色や、冬の星座が魅力的に映り、いつの間にか冬が来るのが待ち遠しいほどに。

あげくのはてに、長野県の松本市に別荘を買い、二拠点生活を送る人たちでシェアしています。

好きな季節って、意外と体調で決まるのかなぁと思いました。

参考記事:ロップ家は北欧の幸福感「ヒュッゲ」を手本にしたシェア別荘。中身と魅力を紹介します!

 

キレイさっぱり消えた鼻炎はどうなった?

さて、本題です。

その後、ぼくの鼻炎はどうなったのかお教えしましょう。

暴飲暴食を働いたときだけ鼻炎が出ますが、それ以外は出ていません。

つまり、鼻炎と腸は完全に連動していたのです。

耳鼻科で鼻を掃除したり、喉を吸入するのは、全く意味がなかったというわけ。

 

怖かった冬も、ホコリだらけの押入れも、今は怖くありません。

暴飲暴食になりがちな年末年始のほうが、よっぽど恐怖です。

そのためにも、3ヶ月に1回の頻度で断食をして、腸が荒れないように調整しています。

その定期的ケアがなければ、きっとぶり返してしまうんだろうなという感じ。

 

鼻炎の原因は腸だった!それが何よりの収穫

ここまで読んで、こう思われた方もいるでしょう。

「鼻炎治ってねーじゃん!!」

そうなんです。ぼくの鼻炎は完治していない。

でも、ほんとうの収穫は、完治することよりも、鼻炎の原因を突き止めたこと。

「腸が荒れてさえいなければ、鼻炎は出ない」という確信が持てたことが、なによりも収穫でした。

 

ひとは誰でも、カラダが疲れると最初に調子をくずす弱い部分があります。

その「弱い部分」を知っているからこそ、大病を事前に防ぐことができるのです。

ぼくの場合は鼻です。鼻炎が完治していたら、弱い部分が別の場所に移っていたことでしょう。

 

だから、ぼくの鼻炎は完治しなくていいのです。内臓の疲れのバロメーターとして利用できるから。

暴飲暴食が続くと鼻がグズグズしてくるおかげで、内臓を壊す前に歯止めを効かせられるのです。

なにより、今まで死ぬほど苦手だった冬に鼻炎がなくて、めちゃくちゃ幸せです・・・。

 

「腸は万病のもと」はマジだった。

鼻炎が治った件によって、ぼくは腸が健康のカギを握っていることを実感しました。

小麦などのグルテン食品の影響で、腸に穴があいていたので、内臓がうまく働かず、免疫系が弱り、防御反応として鼻炎が出ていたのだと思われます。

それが、断食をすることにより、腸の穴が修復され、内臓の働きが正常化し、免疫系が強くなり、鼻炎が出なくなったのだなぁと。

ぼくが断食をはじめて全く風邪を引かなくなったことからも、免疫系が強くなったことは確かだと思われます。

(このあたりのメカニズムは、また別記事でわかりやすく解説しますね!)

ひとまず、ぼくの鼻炎は、完治こそしていないものの、原因を完全に突き止めたおかげで超ハッピー!という話でした。

LINE@に登録していただい方と、1:1トークを楽しんでいます。

断食の教科書をみてもわからないことがありましたら、ぜひご質問くださいねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です