断食中に外食しなければならないときの注意点まとめ

SHARE

断食中に外食しなければならないときの注意点まとめ

こんにちは。24年間苦しんだ鼻炎が4日間の断食で治り、断食のトリコになった中村ひろきです。

意を決して断食を始めたものの、急に避けられない外食の予定が入っちゃうこと。

ありますよね〜〜〜。超わかります。

断食って社会生活と折り合いがつかないことメッチャあるんですよね。

そこをうまくスルーするのも断食スキルの1つだと思います。

というわけで!断食中にやむをえず外食する場合の注意点をまとめました。

 

まずは復習!断食中に摂っていいもの・ダメなもの

そもそも断食中って、どんなものなら摂ってもギリギリセーフなのでしょう。

まず固形物はNG。これはゼッタイです。豆腐でも葉野菜でもダメ。断食中で完全に胃腸が休んでいるところに固形物を入れると、胃腸がビックリしてしまいます。

しゃっくりくらいで済めばいいのですが、起き上がることのできない腹痛や胃もたれが起こる可能性大。これ実例あるのでまたあとで。

 

じゃあ、液体はどうか。ぼくがよく使うのはこの2つです。

  • スタバのハイビスカスティー
  • 炭酸水(ウィルキンソンなど)

ぼくはたいてい優光泉をつかって断食をやるんですが、結構甘いので2,3日過ぎると少し飽きてくるんですね。

そんなとき遊び心で胃腸に入れるのがスタバのハイビスカスティー。それから炭酸水。

この2つは断食中の退屈をいい感じに中和してくれます。とくにハイビスカスティーの酸味は染み渡りますよ。

炭酸水は、もともと炭酸に弱かったりすると胃腸が張って気持ち悪くなるので、強さに気をつけてください。

逆に、初心者の人が大丈夫だろうとやりがちなのがコレ。

  • お茶
  • 紅茶
  • カフェイン入りのハーブティー
  • 味付きのミネラルウォーター
  • スポーツドリンク
  • デカフェのコーヒー

これ全部NGです。成分を調べてみてください。

カフェイン、添加物、甘味料、ブドウ糖のどれかが含まれているはずです。

液体は吸収が早いので瞬く間に血糖値が上がり、その反動で低血糖症状が起こってしまいます。

コーヒーについては、誤解されがちなんですが「デカフェ」も「カフェインレス」も、カフェインはわずかに含まれています。

胃腸が超敏感な断食中は、このわずかのカフェインでのたうちまわる不調が現れるので気をつけてください。

 

断食中の外食はできればカフェで

どんな理由で断食中に外食が入ってしまったかわかりませんが、打ち合わせや会議ならばできるだけカフェを選びましょう。

ただし、飲めるのは「カフェインのないハーブティー」や「炭酸水」に限られてくるので、それらがメニューにあるお店を選ぶ必要があります。

まぁ、スタバ。スタバのハイビスカスティーがベストです。

一緒に断食しているメンバーもみんな飲んでいますが、不調が起こった例はまだ一度もないので自信もっておすすめできます。

 

断食中の外食はカフェが無理なら大衆居酒屋へ

ぼくのように数ヶ月に一度断食をしていると、やはり急に外食の予定が入ることもあります。

しかし、ここをうまくスルーするのも断食スキルのうちなんですよね、ホントに。

というわけで、カフェが無理ならぼくは居酒屋を指定するようにしてます。

メリットはこんなカンジ。

  • お水がもらえる。
  • 一人一品注文しなくても大丈夫。
  • 最悪サラダを死ぬほど噛めばセーフ。

まぁ、イヤな客であることには変わりませんが(笑)

しかし、他の飲食店に比べたら居酒屋はかなり断食向きです。回復期にももってこい。

最悪なにかを口にしなければいけなかったら、サラダの葉野菜を死ぬほど噛んでゆっくり飲み込んでください。

(ぼくも一度断食4日目にバルで約束が入ってしまったことがあり、人参サラダをこそこそ食べていました。)

その際は、糖分がたっぷり含まれているドレッシングにご注意を。

まぁ、楽しくないですよね。断食中の外食。ホントしないに越したことはありません・・・。

 

断食中の外食で体調を崩した実例

ぼくは仲間とLINEグループを作って断食しているので、結構な実例が集まります。

中にはネタに走るヤツもいるおかげで、NG例もたくさんみてきました。

 

1つ目。断食中に唐揚げ定食を食べた子。

この子はのたうちまわるような胸焼けが起こったそうです・・・。

 

2つ目。ダージリンを飲んで気持ち悪くなった子。

厳密にいえばコレは断食後の回復期だったのですが、このあとやはり胃もたれで半日ほど寝込んでいました。

回復期でもこうなるということは、胃がリセットされている断食中ならなおさら不調になるはず。

というわけで、ハーブティーを飲む際はカフェインの有無をよく確認してください。

ぼく調べでは、マテ茶・ダージリン・ジャスミン茶はカフェイン入ってます。

逆に、ハイビスカスティー、ルイボスティー、ローズヒップティー、カモミールは含まれてない様子。

そもそも断食中のハーブティーは飽きたとき用であり、飲まないに越したことはありません。

 

3つ目。某有名大手パン屋チェーンでスープを飲んで気持ち悪くなった子。

これも厳密には断食直後だったのですが、チェーン店のミネストローネで体調を崩した子がいました。

断食直後で舌が敏感だったため、飲んだ途端に添加物の異様な味に気づいたようです。

こちらも野菜スープだからといって甘くみた例なので、たとえ断食中であっても口にしないようご注意ください。

 

断食中の外食で万が一食べてしまった時の対処法

万が一、断食中に外食してしまった時はどうすればよいでしょうか。

カフェインの含まれている飲み物を摂ってしまった場合は、大量の水を飲んでカフェイン濃度を薄めてください。

(胃痛のクスリなどは飲まないほうがいいです)

断食中の外食ダメージを相殺してくれるのは、ぼくが知る限り水の摂取が最善です。

「外食した翌日から断食を再開するのか問題」については、そのぶん終了日を延ばせばいいと思う派。

ただしからっぽの胃に食物を入れた時点でその回の断食は効果があまり見込めないので、準備期から仕切り直して再度「外食が入らなさそうな日にち」を確保してリスタートするのもいいと思います。

 

次の断食で外食を予定に入れないためのコツ

やはり一番のコツは「そもそも予定をいれないこと」なのですね。

そのためのコツなのですが、ここで断食初心者の人に共通する特徴をあげてみたいと思います。

初心者の人に限って、ぼくにこう言います。

「断食興味あります!明日から準備期間に入ります!」

その勢いはめちゃくちゃ素敵なのですが、初めての断食こそ余裕を持って1,2ヶ月後にスケジューリングすることをお勧めします。

早く効果を出したい気持ちはわかりますが、急に断食を決める人ほど、なぜか急に外食の予定も入れてくるんですよね(笑)

1,2ヶ月後の真っ白な一週間を確保した方がジャマ者は入りにくいので、断食成功の是非はもはやスケジューリングの段階で半分決まっているといっても過言ではないでしょう。

 

断食中に外食しなければならないときの注意点まとめ

ツラツラと話しましたが、断食中の外食について注意点をまとめます!

  • 断食中に摂ってもOKなものを把握する。
  • 外食はできるだけカフェか大衆居酒屋で。
  • 断食の予定は余裕をもって1,2ヶ月後に。

勢いでやって失敗するくらいなら、断食をしないほうが健康なレベルです。

ほんとうに断食って諸刃の剣なんですよ・・・。

ちなみにぼくはいつも「水と塩断食」または「優光泉断食」をやってます。

酵素ドリンクは、優光泉より安くなると糖分で薄めたものがほとんどだし、高いと財布に打撃なんですよね(笑)

というわけで、値段的にも絶妙だと思います!むしろ、最低限このくらい投資できなければ断食しないほうがいいかも・・・。

なお、断食メンバーはツイッターの断食ラボ公式アカウントで随時募集してますので、興味ある方はフォローください!

そいではまたー!

断食の記事はこちらにもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です