5万字超!断食ノウハウを全網羅した「最強の教科書」はこちらをクリック。

5年間勤めた会社を辞めて、2019年1月からフリーランスになります。

こんにちは。中村ひろきです。

今まで1つの職場で3年以上勤めたことはなかったのですが、奇跡的に5年続いた会社を今月で退職することになりました。

理由や思いは以下ツイートにつづりました。

夢の一部を「いま」叶える

上記のとおり、ぼくが会社を辞める理由は、会社から逃げ出したかったワケではありません。

場所と時間に縛られないライフスタイルに憧れてしまったばかりに、遅かれ早かれ辞める必要があった、というだけです。

死ぬまで地元名古屋で暮らす平凡な生活を望んでいるなら、辞める理由がないほどいい会社でした。

 

というのも、ぼくは20代の頃から「夢の一部をいま叶えてみる」ということを定期的にやってきました。

たとえば、「ハワイのビーチで毎日読書する」という生活に憧れているなら、実際にハワイを旅行してビーチで読書してみる。

「毎日ゴロゴロ部屋でのんびりして暮らしたい」なら、ヒマな日曜日を確保してそのとおりの休日を送ってみる。

将来ゼッタイに乗りたい車があるなら、実際に試乗しに行ってみる。

 

こうやって叶えたい夢の疑似体験をすることによって、モチベーションって飛躍的にアップするんですね。

(または、それほどいいものではなかった場合も、疑似体験によって気づくことができます)

ぼくはこうやって、自分の叶えたいライフスタイルを徐々に研ぎ澄ませてきました。

そして今回ぼくにとって、今の会社を離れてみることが、叶えたい夢にかなり近づく疑似体験だったんです。

もし楽しくなかったり、困窮して食えなくなったら、また会社に雇ってもらうだけ。リスクは何もありません。

 

それでもやっぱり会社員だけでは危険

ぼくは時間と場所に縛られたい生活を送りたいばかりに、会社を辞めざるを得なかった。

じゃあ、べつに時間と場所から解放されたいと思ってなければ、ぬくぬくと会社員でいればいいのでしょうか?

ぼくの答えはNo。どれだけ今の会社が安定していても、やはり自分でスモールビジネスを持つべきだと思います。

というのも、複業をやるとわかるんですよ。会社に切り売りしている時間が「いかに安いか」ということが。

ぼくの家賃収入やブログ収入が絶好調だったとき、給料分を2,3日で稼いでしまうことがありました。

それを「複業すげえ!」と思ってはいけません。違うんです。給料が安すぎるんです。

それを腹の底から実感するために、とりあえず給料で必要最低限の収入を確保しつつ、スモールビジネスの種を撒いておくことは必要かなぁって。

会社員は、スモールビジネスをゆっくり育てるには最高の環境ですからね!経験者は語ります。

ぼくも、ブログや不動産投資の収入だけで邁進せずに、チャンスがあったらいつでも飛び込む所存。

 

来月からは名古屋と松本を往復します

ぼくは現在、年間5万円で使えるシェア別荘ロップ家を運営しています。

サラリーマンのうちは行きたくても1,2泊で帰ってくることが多かったので、来月からは1ヶ月のうち1週間くらいは滞在したいなぁと。

ロップ家で遊ぶために、天体望遠鏡も買ったし、Osmo Pocketも買ったし、ドローンも買ったし、もうむちゃくちゃ遊びたいんですよ・・・。5年間小さな会社で働いた反動はデカイです(笑)

日々の発信はツイッターがメインなので、ぼくがロップ家にいるときは遊びに来てくださいね〜〜〜!

屋根で昼寝してるかもしれませんし、土星の環をみながらココアを飲んでるかもしれません。

そいではまたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です