LINE@登録で「超多忙な人のためのつくらないレシピ23」プレゼントしてます!

たった3日間で全てをチャラにできるほど甘くない。

こんにちは。中村ひろきです。

先日こんなツイートをしました。

これがまた、予想以上の反応をいただいたので、みなさん心当たりがあったんだなぁと反省しました。

今回は、ひとりの読者さんをピックアップして、他人と比べない方がうまくいくことをお伝えできたらなぁと。

 

断食の反応は人それぞれ

先日断食を自力で実践した女性の読者さんが、レポート記事を書いてくれました。

参考記事:断食の反応も人それぞれ

記事内容をざっくりまとめるとこんな感じ。

・何度も断食にチャレンジしている。
・3日間を完走できたのは2回だけ。
・「効果を出さなきゃ」という重圧に苦しんだ。
・周りと比べず、定期的に断食することにした。

途中で挫折してしまったとき、どうしても他人と比べてしまい、効果が出せなかった自分を責めてしまっていたようです。

こういったとき、真っ先に確認してほしいのが、そもそもなんのために断食をしているのか、ということ。

花粉症を治すためなら、花粉症が軽くなりさえすれば、宿便なんて出なくてもいいし、痩せなくてもいいはずです。

ところが他人と比べてしまって、みんなは◯キロ痩せているのに自分は痩せないなど、当初の目的を忘れてしまうんですね。

 

他人とは、持っている遺伝子も、腸に飼っている腸内細菌の種類も、まったく違います。

寝る時間も、好きなお酒の種類も、ビュッフェでお皿に盛るものも違います。

そんな他人とは違うリアクションを見せてくれるカラダの変化を楽しんで、初回の断食ですべてをチャラにしようとせず、気長にやってください。自分の体に生まれつき備わっている自然治癒力を信じて。

 

なお、上記の読者さんが2回とも断食成功した優光泉(ゆうこうせん)は、ぼくの鼻炎が治った際も断食で使った酵素ドリンクです。

ほとんどお腹がすかずに断食できるので、低血糖症状に苦しむのが怖い人はこちらからトライしてみてくださいね。

(Amazonと楽天よりも2,120円安く買う方法はこちらにまとめました。)

 

一生付き合えない健康法は最初からやらない

これは何度も言ってるんですが、その健康法の効果が持続するのは、その健康法を続けている間だけです。

ヨガの退会届を出した瞬間から、体は硬くなっていきます。たとえ10年間続けていたとしても。

よって、ぼくは一生続かない健康法は最初からやらないことにしています。

(結婚式のためだけに痩せたい!など明確なゴールがあるならいいんですけどね)

 

ぼくは3ヶ月に1回の断食を続けられるか?答えはイエスです。だから健康管理法として採用している。

3ヶ月に1回やることが習慣になれば、初回の断食ですべてをチャラにしようなどとは思わなくなります。

暴飲暴食していた期間はやっぱり宿便の出が悪いし、そうでないときはドカッと宿便が出る。

その3ヶ月の過ごし方によって、カラダは実にいろいろな反応をみせてくれます。

 

あなたもぜひ、一度の断食で答えを出そうとはせず、長い目で見てカラダの反応を楽しんでください。

なにしろヒトの歴史の99.9%は、十分な食物が得られず「プチ断食状態」だったのですから。

定期的に断食をすることは特殊にみえますが、実はそちらのほうが人類にとっての「フツー」なのです。

ふだんは粗食。お祝いは派手に。そしてお祝いのあとは、少し断食。

このサイクルこそが、悠久の歴史の中でヒトがもっとも自然に行ってきた食習慣なのです。

LINE@に登録していただいた方とは、ときどき1:1トークを楽しんでいます。

断食の教科書をみてもわからないことがありましたら、ぜひご質問くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です