7日間の水と塩断食を終えた1ヶ月後の体重変化と気づいた点まとめ

SHARE

7日間の水と塩断食を終えた1ヶ月後の体重変化と気づいた点まとめ

こんにちは。中村ひろきです。

ぼくは過去いろいろな断食を行ってきました。

MEMO
〈これまでの断食履歴〉

第1回:3日間クレンズジュース断食

第2回:3日間豆乳プロテイン断食

第3回:3日間酵素ドリンク断食

第4回:3日間おかゆ断食

第5回:7日間酵素ドリンク断食

第6回:7日間水と塩断食  ←今回はコレ!

 

「7日間の水と塩断食」

シンプルイズザベストといいますか。最終的にここを目指しててやっときたなという感じ。

いうまでもありませんが、未経験の方がいきなりコレにトライするのはおすすめできません。

というわけで今回は!7日間水と塩断食を終えた変化をまとめてみたいと思います。

孤独にできない臆病者なので、今回も13人の断食仲間といっしょにトライしました。

(断食仲間は断食ラボ公式ツイッターで不定期募集しています。)

 

7日間断食を終えた1週間後の体重変化は?

いきなり本題です。7日間断食で体重はどのくらい変わったのでしょうか?

  • 8日前→68.1kg
  • 1日前→67.5kg
  • 1日目→65.8kg
  • 2日目→65.1kg
  • 3日目→64.6kg
  • 4日目→64.9kg
  • 5日目→64.1kg
  • 6日目→63.9kg
  • 7日目→63.2kg
  • 8日目→62.2kg
  • 終了1週間後→62.7kg
  • 終了2週間後→63.6kg
  • 終了1ヶ月後→63.6kg

わかりにくいのでまとめると、

開始1週間前に「68.1kg」だったのが、断食終了翌日に「62.2kg」まで減り、1ヶ月後には「63.6kg」まで戻りました。

いつも言っているように、断食は結果的にダイエットになる側面はあるけども、それ自体が目的ではありません。

(食べない期間に体重が落ちて、再び食べたら戻るのは当たり前ですからね)

それよりも、腸をキレイにすることで内臓全体の働きが良くなり、肌荒れや体調をリセットさせることが真の目的なんですね。

だから!体重を落とすことを目的に断食はしないでくださいね。望み通りの結果にはなりにくいと思います。

ただ、断食をすることでこってりしたものはしばらく受け付けなくなるので、食の好みが変わってダイエット効果が持続することはあります。現にぼくがいまだに元の体重に戻ってませんから・・・。

 

7日間断食で筋肉は落ちるのかついに調べてきた

それから、みなさんが気になりがちな「断食は筋肉落ちるんじゃないか問題」について調べてきました。

これが断食前で、

これが断食後です。

脂肪量は3kg落ちていますが、筋肉はたったの300gしか落ちていません。

そりゃそうです。断食中もせかせか働いて日常生活を送っているわけですから。

7日間インフルエンザで寝込んでいるほうがよっぽど落ちているレベルです。

なぜ断食で筋肉を落とすことばかり心配して、インフルエンザで筋肉を落とすことを心配しないのか。

まぁフツーに生きていれば勝手に筋肉はふたたびついてきますから、断食だろうがインフルエンザだろうが心配は無用です。どちらも一時的なものですからね!

 

7日間断食の水忘れがち問題

水と塩断食ってのは、文字通り「断食中水と塩しか摂らない」のですが、ここで少し勘違いする方がいらっしゃいます。

水は「摂ってもいい」ではなく「摂らなきゃダメ」なんですね。むしろ大量に飲むべきです。最低1日2リットル。

尿量は多くなるので仕事に少し支障が出るのですが、腸をキレイにして宿便を出すためには水は不可欠なんです。

今回ぼくを含め、メンバーの多くがこの落とし穴にハマってしまい、気がつくと全然水を飲んでなかったという事態に陥りました。

水を飲んでください。それも大量に。

念のために言っておきますが、味付きのミネラルウォーターやスポーツドリンクは絶対NGなのでご注意を!

 

7日間断食はコスパが悪い?

恥ずかしながら、今回の断食を始める直前までの食生活は、とても人に言えるようなものではありませんでした。

なぜか飲み会に参加する機会が多く、悪い食生活の代表格でもある「夜中3時のラーメン」もしばしば。

そうするとねえ、出ないんですよ。断食の効果が。たとえ7日間であっても。

断食が終わって回復期に入っても、なかなか思ったように宿便が出ません。

(前章で触れたとおり、水の摂取量が少なかったというのもあります)

コレ、まともな食生活してた時に行った3日間断食のほうがよっぽど効果を感じたんですね。

3日間断食の倍以上、食のエンタメを我慢したのに、効果は半分以下でした。

テスト直前に徹夜で勉強しても報われないことと同じで、やはり日常の積み重ねがものをいうんだなと。

というわけで、悪い食生活からの7日間断食よりも、マシな食生活からの3日間断食のほうが、コスパいいです。

同じく7日間断食をやったメンバーも同じようなことを口にしていました。

というわけで、経験やネタにする場合をのぞいて断食は3日前後が一番いいのかなと。

ぼくが24年間治らなかった鼻炎が治ったのも4日目でしたからね!

それでも1週間以上の断食を行うことの意義は、これからの調査して追加報告あれば発信します。

 

小麦はやっぱり眠くなる

それともうひとつ。

断食後の回復期にメンバーに起こった変化が印象的でした。

みんな味噌汁を飲んだら途端に眠くなったんですね。

よく考えたら味噌って米麹からできているので、米には当然糖質が含まれていますよね。

その糖質によってメンバーが一斉に眠気に襲われたのが印象的でした。

しかし!これは味噌汁がNGという話ではありません。味噌は我が国を代表するすばらしい発酵食品です。

ぼくが言いたいのは、7日間の断食を終えたカラダは、よりいっそうリセットされて敏感になるということ。

もしまちがった回復食をとれば、またたく間に血糖値が急上昇するなど内臓がびっくりする恐れがあるので、回復期は3日間断食以上に慎重に行ってくださいね。

 

まとめ:7日間断食で得られるもの

「3日間のほうがコスパよくね?」ってことに気づいてしまった今回。

それでも唯一やってよかったと思えるのは「まだやってない人に情報をシェアできる」という点ですね。

いくら未経験で「断食って筋肉落ちるんじゃないの!?」って言っても説得力ないじゃないですか。

健康を本業とする身として、経験者目線で語れるのは結構デカイかなと。

そんくらいです。次はまた3日でいいかな!笑

それでも7日間にチャレンジしたいという方は、まず「優光泉」という酵素ドリンクをオススメします。空腹感が不思議なほどないしフラフラしにくいので仕事に支障が出ない。

それで自信がついたら徐々に「水と塩」にスイッチしたほうが失敗がないかと。ぼくもこの流れでここにたどり着きました。

そいではまた〜〜!!

他の断食についてレビューした記事もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です